月別アーカイブ

フリースペース

 >  > 池袋の発展と風俗と歓楽街

池袋の発展と風俗と歓楽街

前回の掲載した記事の続きですが、池袋は片田舎過ぎて駅を作るほどの需要はなかったとっされていました。その後に田端まで支線を延ばす際に第一候補として目白駅が候補に挙がっていましたが、地形の問題で池袋が選ばれました。これが池袋駅の誕生となったのです。この当時、駅周辺では相変わらず田畑が広がっていたそうです。後に西武線と東武線が支線を延ばし池袋駅に乗り入れたことにより、街が少しずつではありますが発展してきたそうです。その発展の積み重ねを経てターミナル駅と呼ばれるほどに発展し、日本でも有数な歓楽街を擁する街へ発展していきました。多くの人が行き交う街ですので飲食店はもちろん宿所も建設され、男性の娯楽に風俗店も増え始めたと言います。終戦直後は上野や日暮里、巣鴨で働いている男性が多く、各街に宿所と風俗店が賑わったそうです。その名残で今日でも各エリアでも風俗店が多く親しまれてきたのです。この歓楽街を支えているのは居酒屋などの飲食店や商業施設です。それだけではこの町は発展しません。多くの風俗店もあるからこそ老若男女の観光客が訪れて街が潤っているのです。まさに池袋の風俗店は縁の下の力持ちであり、今の池袋の歓楽街ではなくてはならない存在になっています。池袋がここまで栄えてきてからというものの、歓楽街は更に拡大しその繁栄振りは目覚しいものがあります。訪れる観光客も年々増え続けており、来日する外国人も多く世界的にも有名な場所として池袋は存在しています。池袋は前節で述べたように、20世紀初頭は村があり、田畑が広がる長閑な片田舎だったようで、当初の面影から今日までに発展していくなんて誰も想像は出来なかったと思います。ここまで池袋が大きく繁栄してきたのは偶然が重なって出来た産物と言われていますが、その偶然のお陰で日本で2番目に乗降客が多い駅で1日に約270万人の人が行き交う駅なのです。豊島区のビックタウンですが、歓楽街の影響もあって風俗店も非常に活発なのは有名です。デリヘル店や店舗型風俗店も多く、イメクラやオナクラ、性感マッサージ、回春マッサージや、その他にはマニアックなSMクラブや人妻系などのマニアックな性癖を持っているユーザーのニーズにも応えられる程に店舗が充実しています。都内では渋谷や新宿歌舞伎町や吉原、吉祥寺、鶯谷、立川等が有名な風俗街として挙げられますが、池袋はその中でも指折りの風俗街で都内でも圧倒的な存在感が目立ちます。各エリアによって風俗店のジャンルや特色が違いますが、オールラウンドに様々なジャンルの風俗を楽しめるのはここだけかもしれません。
東京・池袋のイメクラ風俗店!制服ホテヘル【マリア女学館】

[ 2015-09-03 ]

カテゴリ: 風俗全般

デリヘルなら池袋の【人妻紹介センター】